キャプション原稿に追われる連休

Bones — yam @ April 30, 2009 3:03 am

eijiyuzawa_web

世間は連休ですね。今日も絶好の行楽日和だったらしい。私は連休明けまでに「骨」展の出品作品のキャプションをすべて書きあげるという宿題があるので、多分この連休中はパソコンの前に張り付いています。

どうせならこのブログの文章が、作品のキャプションになるように書いてしまおうと企んでいます。この展覧会のコーディネータである田中さんも、きっとその方が安心でしょう。あ、でもキャプションボードの数は30点以上になるので、一日ひとつじゃ全然足りないし…田中さん、見ない方がいいかもです。

(more…)

骨からくり21_21にあらわる

Bones,Sketches — yam @ April 29, 2009 1:58 am

yumihiki2

九代目玉屋庄兵衛氏は、特に大型のものは除いて、自作のからくり人形をすべてご自分の手で運ぶそうです。出向いた先での組み立て、調整、操作もほとんど他人に任せることはありません。

昨日の打ち合わせでも、玉屋さんは人形を抱えてひとりで現れました。場所は21_21 DESIGN SIGHT、実は草○君が裸になって捕まった公園の隣です。

(more…)

土佐信道さんはひとりで考える

Bones — yam @ April 27, 2009 10:06 pm

wahhagogo_1

「骨」展への作品を依頼してからしばらく経って、なぜか広島のバーで明和電機の土佐さんと一緒になりました。そのとき彼の腕にどーんとあったのが「ジホッチ」。

ご存じの方も多いと思いますが、かつての黒電話やピンク電話の回転式ダイヤルが、ほとんどそのまま腕に張り付いていて、117を回すと時報サービスと同じ音と声で時刻を知らせてくるという腕時計(?)です。

あまりの存在感にびっくりしながら「こういうアイデアって、仲間とわいわいやってるときに、なんちゃってノリで出るんですか?」って聞いてみました。

(more…)

慶應義塾大学山中俊治研究室の作品「flagella(鞭毛)」

Bones,SFC,Sketches — yam @ April 25, 2009 8:35 pm

yamsketch5

大学と言うところは面白いところだ。機械工学を学んだこともなく、機械加工の経験もない大学院生に、作るべきものの意義を話し、スケッチを渡しただけでできてしまうものもある。

上の文章は「骨」展のカタログ用に、山中研究室の作品について私が書いたコメントです。 (more…)

崩れ行く「骨」

Bones — yam @ April 23, 2009 9:27 pm

bonesweb

 

この展覧会のポスターのロゴは、実はこうやって作られました。上の画像をクリックするとそのプロセスが見られます。骨と言う文字を切り抜いて反透明の板の上に置き、裏から手でたたいています。佐藤卓さんの遊び心に脱帽です。

影法師

Bones — yam @ April 22, 2009 11:07 pm

anothershadow1

人の影が勝手に動き出すというのは、さまざまなフィクションに登場する、かなり古くからある夢物語です。Narutoにもそんな術が出て来ましたね。

そんな夢を緒方壽人五十嵐健夫の二人が実現してくれました。「骨」展に彼らが出品する作品Another Shadowでは壁に映った来場者の影が突然勝手に踊りだします。

(more…)

高速で走るロボット

Bones — yam @ April 20, 2009 4:14 am

phasma_structure

 

takramという名前をメディアで見るたびにうれしくなってしまいます。創立した田川欣哉と畑中元秀の二人は私の教え子であり、特に代表の田川は私の元に7年もいました。昔の書生さんのように、私の家に住み込んでいたこともあります。

その田川が、私のオフィスでアルバイトを始めた学生だった頃のある日、こんな事を言いました。

(more…)

Stem(茎)と呼ばれる部品

Bones — yam @ April 18, 2009 6:16 pm

stem

 

この写真のナイフのようなものはステム(stem: 植物の「茎」やワイングラスの「脚」)と呼ばれる部品です。何に使われるものかわかりますか。

最近私の机の周りには、「骨」展で「標本室」と私たちが呼んでいるスペースに展示するための不思議なものがいろいろ集まってきています。「標本室」では、「人のつくりし骨」を収集して展示しようととしているのですが、これもその一つ。

(more…)

ご近所のマングース

Bones — yam @ April 17, 2009 5:15 pm

mongoose_assy

 

昨年の秋、リーディング・エッジ・デザインのサテライトオフィスを下北沢の近くに作りました。私のアトリエは多摩丘陵のちょっと不便なところにあるので、都心から結構時間がかかります。展覧会が近くなると、作家の皆さんやメーカーさんとの打ち合わせの頻度が半端じゃなく、その度に出て行くのも来てもらうのも大変なので、都内に出張準備室を設けた形です。

(more…)

参、参上

Bones — yam @ April 16, 2009 9:15 pm

mile-1

参(まいる)の皆さんに会ったのは3年前のDesign Tideの会場でした。ウィルコムW-SIMの展示ブースに立っていた私に、「すぐ近くで展示をやっているので見に来て下さい」と声をかけてくれた礼儀正しい若者達がいたのです。 (more…)

Next Page »
Copyright(c)2017 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity