草食系男子と噛みつき系女子

SFC — yam @ October 22, 2009 2:25 am

delta_s110

最近、研究室の学生達が良く動いてくれます。学生同士で相互にドライブしているかのように。まあちょっとほめるとすぐに気を抜くので、油断はできませんが。

湘南藤沢キャンパスにやってきて最初の半年は、デザインごっこをやるしかありませんでした。金はないし、場所も道具もないし、学生のスキルはないし、ついでに教える側の経験もない。しょうがないから、木を削ったり、スチレンボード切ったり、おもちゃだかガラクタだかわからないようなもの作ったり。

でもそんな彼ら彼女らが、たった一年で、公的助成金を獲得したり、企業との共同研究を立ち上げたりしながら、意外に真っ当な方法でモノを作るようになりました。先日も、メーカーのエンジニアに対して一応うならせる提案ができたし。

少しづつ、思い描いていた研究室に近づきつつあるのかもしれないと楽しみになってきたので、ついでに、どうでもいいことを吐露してみます。

私の研究室は、男女ほぼ半分ずつで構成されています。しかし、いかにもな草食系男子たちに対して、女子連中の元気なこと。「噛みつき系女子」…いつしか我が研究室ではこう呼ばれるようになりました。スキル的には4人の男子大学院生が指導的な立場にあるのですが、何故か女子校出身の下級生が仕切ってる。近頃はこんなものなのでしょうか。

もっとも、私も日頃から女子校出身の妻に仕切っていただいておりますので、類は友を呼んでいるだけかもしれません。女子校恐るべし。

6 Comments »

  1. おはようございます。
    私も専門学校でインテリアをボチボチっ~と
    教えるようになった早6年ですが、
    最近は特におっしゃる通り、女子の方が積極的です。
    年齢も専門学校なので少し幅もあるのですが、
    ひとりしっかりした女子学生がいて、
    みんなから「ねぇーさん」と呼ばれて、頼りにされています。
    まあ、微笑ましいですが・・・。
    いずれにしても、今の若者が希望を持って社会に出て行ける
    ように、少しでも役に立てたらなぁ~・・・と。
    そして、学生からも色々と教えてもらっている次第です。

    Comment by powaro — October 22, 2009 @ 10:28 am
  2. [...] This post was mentioned on Twitter by mai, hide_takata. hide_takata said: 草食系男子と噛みつき系女子: 最近、研究室の学生達が良く動いてくれます。学生同士で相互にドライブしているかのように。まあちょっとほめるとすぐに気を抜くので、油断はできませんが。 湘南藤沢キャンパスにやってきて最初の半年は.. http://bit.ly/1SILlp [...]

  3. は~い!!私も女子校(幼~高)出身の噛みつき系女子です!!
    純草食系の主人に日々うるさく噛みついております…

    女子校にいると、女子だけの中でも自然と、男女の役割分担のようなものが出来てくるので、例えば生徒会やクラブの長のようなリーダー的役割を任されたりすると、途端に逞しく「男らしく」なってしまうのです。

    活力のある研究室、今後がますます楽しみですね!

    Comment by etoile — October 23, 2009 @ 11:14 pm
  4. powaroさん、replyがこんばんはになってしまいました。
    powaroさんも先生なんですね。お疲れさまです。
    スタッフのM子さんも学生時代から「ねぇーさん」と呼ばれていました。
    頼りになります。

    Comment by yam — October 24, 2009 @ 12:53 am
  5. etoileさんこんにちは。
    そうですか、あなたも噛みつき系でしたか。
    「噛みつき系」ってことば、流行らないかな。

    Comment by yam — October 24, 2009 @ 12:59 am
  6. [...] その一方でこの二年間、中核だった三人が就職して行きます。肉食係女子と草食系男子という言葉がよく似合う3人でした。初回の研究会でいきなり私にかみついた「かみつき系」女子は、本当に力強くプロジェクトを引っ張ってくれました。もう一人の肉食系女子は、最初のプレゼンで痛烈にこき下ろしたにもかかわらず、シャープな言語感覚を発揮し、骨展や義足プロジェクトの根幹となる思想に気づかせてくれました。4本脚のニワトリを描いた草食系男子は強い責任感を発揮して物静かに多くの仲間を引っ張ってくれました。 [...]

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2017 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity