ケルン大聖堂の前のビヤホールにて

Works — yam @ July 12, 2009 10:44 pm

avein39

昨年秋、AVEINの発表のためにドイツのケルンに行きました。

ケルンでは2年に一度、オルガテックという国際的なオフィス家具のショーが行われています。ケルンメッセの広大なフロアを使って、世界中のオフィス家具メーカー(2008年は39 ヵ国673 社)が集う大きなイベントです。

ハーマンミラー、ヴィトラ、ウィルクハーン、ノルやカルテルなど日本でも知られたメーカーがモーターショー並の大きなスペースを使って新商品をアピールしています。活気にあふれるメーカーのブースを渡り歩き、様々な国のバイヤーや技術者、デザイナーと話ができたことは大きな収穫でした。

正直に感じたことは、ヨーロッパにおける日本ブランドの知名度の低さでした。コクヨ、イトーキ、オカムラの3大メーカーが大きなスペースを使ってアピールしていましたが、他社のデザイナーや技術者達の日本メーカーへの感心の低さに驚きます。そもそもアジアのものがほとんど見あたらないのです。

それでもアヴェインの独特のスタイルは目を惹いたようで、思ったより多くのデザイナーやバイヤーの意見を聞くことができました。

夜はコクヨの皆さんと会食。一日中歩き回ったのでビールがうまい。ソーセージを流し込みながら私はコクヨのデザイナーの木下さんに向かって言いました。

「いけるんじゃないかな?」

「そう思います。」

KOKUYO 2000 “AVEIN” の世界デビューの日でした。

0 Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2021 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity