映像制作、ついてに飛行機もデザインしちゃいました。その2

Sketches,Technology and Design,Works — yam @ October 20, 2012 1:20 am

 

飛行機をデザインするというのは昔からの夢の一つでした。今回は映像作品ですが、自分がデザインしたものが大空を飛ぶシーンを見ることができたという意味では、少しばかり夢が実現しています。

前方に尾翼を持つ複葉機というのは、1903年に初めて動力飛行に成功したライト兄弟のフライヤー号と同じ形式です(前方なのに尾翼ってなんか変ですが、「前尾翼」というらしい)。未来的なスタイルを与えることで、過去と未来を同居させたいと考えました。

とりわけ気を使ったのは、機体そのもののデザインよりもむしろ飛び方。しなやかに滑らかに、そして軽やかに舞うように飛んで欲しくて、もっと横滑りさせてとか、翼にしなりをいれてとか、何度も柴田さんに注文を付けてしまいました。

そう言えば20年近く前に一度だけ、複葉機を操縦したことがあります。トロントの航空博物館を訪ねた時のこと。展示室の片隅で椅子に座ったパイロット服のじいさんが手招きするので近寄ってみると、小さな滑走路にあるクラシックな木製複葉機を指差しながら、あれでトロントの空を飛んでみないかと。

その複葉機は前後2座のタンデム機。言われるがままに前の座席に座って、足下から突き出ている棒状の操縦桿を握ると、いきなりガクガクゆれる。どうやら後部座席の操縦桿と連動しているらしく「わしがこれをゆらしたら、お前が操縦しろ」。えっ、えっと思う間もなく小さな飛行機はあっという間に空へ。

広大なカナダの大地に見とれていると操縦桿が再びガクガク揺れて、それから数分間、その複葉機は私のものでした。想像以上にクイックな挙動にびくびくしながらも、紅葉のトロントの街がよく見えるよう、旋回したり機体を傾けたり。夢のような時間…。

そんな体験が活きたかどうかはわかりませんが、WOWさんのおかげで、今回もとても気持ち良く飛ぶことができました。

 

2 Comments »

  1. 非常にいいimageですね!パナソニックが陰りを見せている今励みになればいいですね。私も以前ワシントンのスミソニアン博物館でライト兄弟の飛行機とか見ました。デザインすることは楽しいです。風が世界を変える…私のthemeでもあります。(「風の仕業(いたずら)」)

    Comment by Kei Murakino — November 1, 2012 @ 12:38 pm
  2. Kei Murakinoさん
    コメントをありがとうございます。
    博物館巡りは私も大好きです。
    パリの工芸技術博物館 Musée des Arts et Métier にある、クレマン・アデールのアヴィオンⅢ号も美しいですよね。
    もしご覧になってなかったら是非に。

    Comment by yam — December 16, 2012 @ 10:19 am

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2014 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity