道をまちがえたんだろうね!うん!

Sketches,Works — yam @ August 9, 2010 12:04 am

school_paper_19751115

高校3年の秋に、学校新聞の片隅にこんな記事が掲載されました。広島東洋カープが初優勝し、長嶋監督率いる巨人が最下位だった年です。

当時、私が最も嫌いな授業は世界史でした。よくわからない地名と人名の羅列に、少しも興味が持てなかったのですが、救いは世界史の授業が社会科準備室という特別教室で行われていたことでした。個人用として使われていない、きれいなライトグレーの机の表面が、恰好の落書き帳だったのです。いつしか世界史の授業中には、ちょっとした大作を描くことが私の習慣になっていました。

いつもは授業が終わり近くになると、消しゴムできれいに消してしまうのですが、ある日、それをうっかり消し忘れたまま、自分の教室に帰ってしまいました。そしてひと月後の学校新聞に、上のような記事が掲載されていたのです。どこにも私の絵であることは描かれていなかったのですが、なぜかその日のうちに学年中に知れ渡っていました。

私がいたのはいわゆる受験校だったので、3年生の秋ともなると、先生も生徒も受験一色でした。先生もそういう雰囲気の中での笑い話としてコメントしたのでしょう。私自身も道を間違えているかもなどとは、夢にも思いませんでした。

ラクガキが講じて、「某先生」の言うとおりに「まちがえていた」進路を大きく修正することになるのは、これから6年後になります。

3 Comments »

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by KAMINO Aki / あきず, simpleaf 宣伝部 izm, Masaya Doi, Shunji_Yamanaka 山中俊治, Taka and others. Taka said: RT @Yam_eye: 恥を忍んで、高校時代のラクガキをアップしました。「道をまちがえたんだろうね!うん!」 http://ow.ly/2mBjG [...]

  2. いつも楽しみに拝見しています。

    実に愉快な楽しい絵ですね!

    Wikipediaによれば、大学生時代、まんがくらぶに所属されていたとか。もし漫画家になられていたら、Suicaの読み取り機の角度も変わっていただろうし、今取り組みされている義足のデザインも存在せす、「骨」展もなかったことを思うと、ちょっと感慨にとらわれます。

    SFCの学生さん達にとっても、殊更にうれしい軌道修正だったと思います。

    もっとも、漫画家としても、名作を書かれたとは思いますが。例えば、「ガガガのワニトンマ」とか(笑)。

    p.s. 先日のダイソン関連のイベント、とてもとても楽しく参加させて頂きました。有り難うございました。

    Comment by Lafie — August 9, 2010 @ 7:35 am
  3. Lafieさん

    人生に「もし」はないと言われますが、自分にとって大きな決断だったなあと思えることはいくつかあって、ついつい、違う決断をした時の結果を空想してしまいます。
    楽しいコメントをありがとうございました。

    Comment by yam — August 9, 2010 @ 8:35 am

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2017 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity