静かで滑らかな流れでした

Sketches,Works — yam @ October 23, 2009 9:51 pm

boundary_layer_control

ダイソンの羽のない扇風機の実物を触って来ました。想像したよりもずっと静かでした。最大出力だとちょっとうるさいですが、それでも扇風機と同程度かな。低速運転させたときの、滑らかな流れがいいですね。

この扇風機の後ろに蚊取り線香を置いてみたいと思いました。子供の頃、扇風機の後ろから蚊取り線香の煙が吸い込まれていくのを見るのが好きでした。でも、うまく前に出てこないのです。煙は前から流れ出ているはずなのですが、かき回されてしまってよくわからなくなってしまう。

この扇風機なら、一条の煙が、すーっと前まで伸びていってくれるんじゃないでしょうか。よし、買うぞ。蚊取り線香とセットで。

上の絵は、物体表面の空気の流れを、動く毛で整えて抵抗を減らすという研究(マジです、動的境界層制御といいます)にインスパイアされて描いた翼のイラストです。15年ぐらい前に「フューチャー・スタイル」というエッセイ集に収録しました。

しなやかに波打つ毛の生えた翼で滑らかに空気をかき分ける、そんな未来を思い描いていました。ビロードのような羽の扇風機もありうるかと。でも違う未来が来ちゃいましたね。

6 Comments »

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by hide_takata, Yukino Yukino. Yukino Yukino said: 山中俊治さん来た! 例のDysonの扇風機! そして『フューチャー・スタイル』! http://bit.ly/2wEGlZ [...]

  2. しなやかな羽で掻き分けられた空気、心地よさそうですね。

    私もダイソンの扇風機にはすごく興味がありました。
    電器店に並ぶようになったら、触りに行こうかと。

    蚊取り線香とのアンサンブル、是非レポートお願いいたします。

    息子は、4段のズボンハンガーの直線部分を全て左右直角に開き、
    そこに小さなタオル用ハンガーを8本配置してぶら下げて、
    (分かり難くてスミマセン。テレビのアンテナみたいなものです。)
    「これは新たなる生物『極鳥』だ!」などと言っています。
    何を言っているのか分からず、「局長?」「直腸?」などと何度も訊き返してしまいました。
    今はインフルエンザの流行で学校閉鎖なので、毎日こんなことばかりしています。

    Comment by etoile — October 23, 2009 @ 11:29 pm
  3. etoileさん、連投ありがとうございます。
    「極鳥」…すごいネーミングですね。
    お互い、インフルエンザには気をつけましょう。

    Comment by yam — October 24, 2009 @ 1:07 am
  4. 静かなる、扇風機。
    私も早く見てみたい・・・です。
    山中さんは、「子供の頃、扇風機の後ろから蚊取り線香の煙が吸い込まれていくのを見るのが好きでした。…」
    私は、「子供の頃、扇風機の前から『あぁあぁあぁあぁ~~っ!』
    と声を出したり、歌ったりするのがクセでした。…」
    この違い・・・でしょうかね。(笑)

    前項の「噛みつけ系女子」ですが、つい~っと、ついったーで
    ブログのご案内させていただきました。
    http://twitter.com/powaro_h/status/5113505269

    Comment by powaro — October 24, 2009 @ 11:29 am
  5. 「噛みつけ系女子」・・・
    なんて、失礼な間違いを。
    あおってどうする!
    「噛みつき系女子」でした。
    でも、これ聞けば聞くほど、ユーモアのある表現ですね。

    Comment by powaro — October 24, 2009 @ 6:42 pm
  6. pwaroさん

    こんばんは、山中です。
    「子供の頃、扇風機の前から『あぁあぁあぁあぁ~~っ!』 と声を出したり、歌ったり…」
    それは私もやりました。
    残念ながらdysonの新しい扇風機の前でそれをやっても、あの素敵なビブラートは得られません。ダイソンさんは世界中の子供から、遊びをひとつ奪ってしまったようです。

    Comment by yam — October 24, 2009 @ 10:51 pm

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2017 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity