家具から生まれたコースター

Bones — yam @ July 20, 2009 3:22 am

ys_216

こちらは、先に紹介した椅子と同じように、押し出し成形技術の特性を活かしてデザインしたテーブルの脚の接合部です。テーブルトップをガラスにして、「断面だけは自由にできる」ことから生まれたアルミパーツ達の、パズルのようなつながりが真上から見えるようにしました。

実はこの家具の脚(中央部分)を薄くスライスし、ひとつひとつ手で磨いて仕上げたコースターを「骨」展会場で販売しています。

もともとは2004年に毎日デザイン賞をいただいたときに、受賞パーティの記念品として作ったもの。そのときのためにグラフィックデザイナーの平野敬子さんがデザインしてくれた素敵な小箱に入っています。

0 Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2021 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity