茂木健一郎さんと その1

Bones — yam @ July 14, 2009 11:23 am

skull

茂木健一郎さんを「骨」展に案内しました。

「標本室」の展示では、ひとつ一つの展示物にきちんとコメントや解説をいただいて、どちらが案内しているのかわからないぐらい、色々と教えてもらいました。

Another Shadowの前では、空中に影を浮かべるべく、何度もジャケットを投げあげておられました。あくなきトライアルの末についに成功。空中に浮かんだジャケットがふわふわと踊る様に、居合わせた人も思わず拍手していました。

茂木さんは、たいへん博識かつ明晰な方ですが、一方で好奇心にあふれた少年のようにふるまいます。そういう精神を持ち続けていることは、本当に素敵なことですね。

「骨」展の最後に、写真のように私の頭蓋骨があいさつしています(これを最初に見たとレポートされている方がいらっしゃいますが、実は逆順なんです。案内がうまくいっていなくてごめんなさい。)。私の頭部CTスキャンデータから光造形で型を作り、石膏を流し込んで制作されました。

茂木さんがひとこと「いい頭蓋骨ですねぇ」。

「いい頭蓋骨」って???。なのですが、脳科学者にほめられるとなんだかうれしくなりました。

0 Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright(c)2019 山中俊治の「デザインの骨格」 All rights reserved. Powered by WordPress with Barecity